犬の肝臓に良い食べ物とは?肝臓病を予防する対策!

 

沈黙の臓器と言われ悪くなってもその症状が体の外に出にくい事から肝臓に対してのケアは早めの対処が肝心になってきます
犬の肝臓も人間と同じ様にあまり、症状として外に表れる事は少なく、飼い主も分かりにくい部分があります

 

 

肝臓の働きは一言で言うと解毒作用にあります
体に負担のかかる添加物や抗生物質や農薬などの毒素を肝臓は解毒してくれています
つまり、普段の食事で肝臓ん負担が掛っていたとしてもすぐには分からずに黙って解毒をし続けるワケです

 

 

また、タンパク質や食べ過ぎ、高脂肪食品も肝臓に負担を与えます
人間で言っても同じ様に食べ過ぎやアルコールの飲み過ぎは肝臓に悪い物です

 

 

肝臓が悪くなっている犬のサインは
・食欲が落ちている
・良く吐く
・水をよく飲む
・トイレの回数が多い
・体重が落ちる
・お腹が張ってくる
などです

 

 

市販のドッグフードの中には安く作る為に保存料、参加防腐剤、香料などが多く含まれている物もあります
これらの人口添加物と言われるものは費用が安く抑えられますが、犬の毒性が強く肝臓に負担をかけてしまいます

 

 

肝臓病に関わらず、犬の体調不良を防ぐためにはまず添加物などが入っていない事が基本です
無添加のドッグフードは高いと思われるかもしれませんが、大切な愛犬の健康を守る為には絶対に必要な事ですし
もし、ドッグフードのせいで体調不良になってしまうと病院代も高くついてしまいます

 

 

特に肝臓に関してはかなり痛まないと症状として現れないので必ず食生活には気を使いましょう
悲しい話ですが、肝臓が悪くなった事が判明した時点で余命宣告されたワンちゃんもいます…

 

 

また、肝臓には解毒機能のほかにも代謝機能、分泌機能、血液凝固機能など非常に重要な役割があります
大切なワンちゃんの肝臓を守るため日々の食べ物に飼い主が気を付けてあげましょう